交通事故が起きたら弁護士に相談~本気で損したくないならコレ~

交通事故が起きたら

ファイルを開く弁護士

相手側の保険会社と交渉の中で、モメることが多くあります。弁護士に依頼するとモメること無く、スムーズに対応してくれます。弁護士特約が適応されていれば、弁護士費用は加入している保険会社が補償してくれます。

» 詳しく見る

弁護士に依頼するメリット

初老の弁護士

もし交通事故で被害にあった際は、相手の保険会社に賠償金や慰謝料を求めることが出来ます。保険会社同士で解決するよりも、弁護士を付けることで増額した金額を勝ち取ることが出来ます。

» 詳しく見る

交通事故案件に強い弁護士

若い弁護士

弁護士には様々なタイプがいます。交通事故を起こした際、弁護士が必要になることがありますが、その際は交通事故に強いタイプの弁護士を探しましょう。交通事故関連の書籍を出している弁護士は交通事故関連の案件に強いと言えます。

» 詳しく見る

被害者と加害者

弁護士

交通事故に遭った場合、被害者なのか加害者なのかに分けられます。どちらでも交通事故を起こしてしまい、平常心で保つことが出来ません。さらに正しい判断が出来ずに保険を十分に受けられないこともあります。被害者の場合なら保険会社や、警察に任せてしまい貰える金額が少ないことがあります。車を持つと自賠責保険に必ず加入することが決められています。交通事故に遭った被害者は、加害者に対して自賠責請求ができます。ですが保険会社だけで対処すると貰える金額が減ってしまう可能性があります。賠償金には基準があり、保険会社では低い基準で設定されています。弁護士を付けることで、保険会社と交渉してくれてます。上手くいかない交渉でも、弁護士に依頼することでスムーズに交渉してくれます。さらに最大の裁判基準の金額を受け取れる可能性があります。

交通事故を起こした加害者は、法律で罰を受けなければなりません。社会の安全を保つために、罰則金や免許の取消といった罰を負うことになります。民事責任では損害賠償を支払わなければなりません。その場合には、加害者側も弁護士に相談する必要があります。事故を起こしてしまった気持ちで精神的に追い込まれ、平常心で対処することが出来なくなります。弁護士に依頼すると被害者や、保険会社との示談交渉や法律関係の対処を全て行ってくれます。さらに加害者側の精神的な負担も軽減にも繋がります。まずは一人で抱え込まずに、弁護士に相談をすると良いでしょう。